医療脱毛はシミやニキビにも効くの?

医療機関だからこその効果と安心感のある医療脱毛。
ネット上では「医療脱毛はシミやニキビにも効果があるらしい」という噂をよく見かけます。

今回は、医療脱毛はシミやニキビにも効くという噂は本当なのか、検証していきたいと思います!

ホクロやシミへの効果

ではまず、ホクロも含めてシミへの効果についてです。
そもそも、シミやほくろがあっても医療脱毛はできるのでしょうか?

ホクロやシミがあっても脱毛できるの?

実はその色の濃さによって変わってくるのです。
ホクロのようにメラニン色素の濃い部分は脱毛ができません

医療レーザー脱毛は、レーザーが毛に含まれるメラニンに反応して、
その箇所に熱を持たせることで脱毛する仕組みになっています。

そのため、シミやホクロのメラニンにも反応してしまうおそれがあり、最悪火傷等のトラブルが起きてしまう可能性があります。
でも、「どうしてもホクロやしみのある部分も脱毛したい!」というときはどうしたらいいでしょうか?

その場合、

・シミのケアを行い、メラニン色素を薄くしてから医療脱毛をする
・シミにも照射可能なレーザーを取り扱っている病院を選ぶ

の2つの手段が取れます。
特に二つ目の手段をとる場合にはよく医師と相談した上で行ってくださいね。

医療脱毛はシミやホクロにも効果が・・・?

場合にもよりますが、シミやホクロがあっても脱毛できることがわかったところで、気になるシミやニキビへの効果はというと、
実際にはシミやほくろの脱色効果も見込めるようです。

ただし、脱色専用のレーザーとは種類が違うため、比較すると効果は薄いようなので期待しすぎないようにしましょう。

ニキビへの効果

次にニキビの対しての効果についてです。

まず脱毛用のレーザーの種類は主に

・ダイオードレーザー
・アレキサンドライトレーザー
・YAGレーザー

の3種類が挙げられます。

そしてニキビ治療用の種類は主に

・炭酸(CO2)ガスレーザー
・フラクショナルCO2レーザー
・光治療(フォトセラピー)

などがあります。

もうお気づきかと思いますが、
医療脱毛とニキビ治療では使用するレーザーがまったく違うのです。

ですから、医療脱毛時にニキビに照射されたときに
ミスマッチが起こると火傷などの怪我に繋がってしまう可能性があります。

万が一ニキビの穴に毛が隠れている場合、照射されるとその付近が熱を持ち、ダメージを受けてしまう場合もあります。

また、膿んでいない治りかけのニキビであれば照射できる可能性がありますが、
赤くなって化膿している状態のニキビは照射できません。

ニキビは皮膚の病気ですから、
病気になっている部分に専用ではないレーザーを当てることは肌にとって負担になることなのです。

ニキビの状態も見つつ、医師と相談して治療を検討しましょう。

医療脱毛はニキビにも効果が・・・?

医療脱毛でニキビは治るのでしょうか?

個人差もありますが、症状が改善する可能性は十分にあります

なぜかというと、脱毛により顔周りの毛がなくなることで、汗や汚れがたまりにくくなり、
ニキビなどの毛穴周りのトラブルが起こりにくくなる可能性があるためです。

まとめ

以上、気になる脱毛のシミ・ニキビへの影響について見ていきました。

シミやニキビのある状態での脱毛は、何もない肌に比べて多少のリスクはあるものの、
病院選びを慎重に行い、カウンセリングなどを活用して治療に臨めば安心して脱毛することができます

医療脱毛を上手に活用して、美肌を手に入れましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です